おくびょう風に吹かれりゃ最後
お久しぶりです、と声をかけてくれたのは、一から出直して修行しなおしているという商人だった。 懐かしい。 最近は、この世界に遊びにきてやることは、商会員と話をするだけだった。 そんな退屈な日々を送っていたところに吉報を知らせてくれたのが件の商人。 なんでも甲板戦が同意制になるという。どれどれと公式HPをみてみると、確かにその様子。 しかし、追記の部分。。。結局、何も変わらない。 賞金首や海賊以外で、好んで楽しみとして外洋で戦おうとするような人がいるのだろうか。

■ 現在の状況について “甲板戦”は洋上戦において、船員だけでなく船長であるプレイヤーキャラクターも、一騎討ちという形で戦闘に参加する機会を設けることを目的として、導入しました。 しかし、甲板戦を万全な状態で行うには、通常の航海とは別に陸上戦と同等の準備(アイテムの用意やプレイヤーキャラクターの強化など)をする必要がありました。この準備は、危険海域や無法海域で対人戦を行う際には“ほぼ必須”であり、プレイの快適性を想定以上に削ぐだけでなく、プレイヤーキャラクター育成の自由度をも阻害する要因になっていました。
■ 「2nd Age」Chapter 4「北方の獅子」で導入する機能変更について 全ての対人戦において、現在の大海戦や模擬戦と同様、両者が合意した場合に甲板戦に突入するように変更します。 【 2013/06/21追記 】 ただし例外として、賞金首のプレイヤーキャラクターが艦隊旗艦で、甲板戦を仕掛けられた場合に限り、合意の有無によらず(従来通りの)確率による甲板戦突入の判定を行います。


しかし、仮に甲板戦が廃止されたとしても、いまさら感が強い。 そもそも船がおかしなことになりすぎて、もはや何がどうなっているのか、ついていけない。
JUGEMテーマ:ゲーム
大航海 / comments(1) / trackbacks(0)
Comment








船、、まじでわかんないですよねー
やでルィは、あまり何もやってないwww 言われたとおりに友達に教えてもらってるだけwww
from. ルィ / 2013/06/28 9:09 AM
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://blog.tkm2web.com/trackback/1217053