おくびょう風に吹かれりゃ最後
錆ついた碇

 

場所は、カイロ。
目的はインド沖に浮かぶという沈没船。
 
藤さんの、船をクリッパに変更したほうがいいか、という問いに
否と応え運河輸送船に乗り込む。

オレがクリッパに乗り、藤さんのロワを曳く。
今日も、このスタイルでいく。

スエズを発ち、紅海を進む。

つい昔のクセで辺りを警戒してしまう。

検索。
オスマン国籍の私掠海賊が1隻。戦闘に特化して育ってきた各LV値。
艦隊は組んでいない。
みたことない名前だ。

自船の速度、位置、時刻、海域状態、他国海賊の有無、
すっかり鈍ってしまった航路を読むカンを総動員して
オスマン海賊の航路を予測する。

思ったより速い、戦闘艦でない可能性が高い。

アラビア海に移ったところで右後方に武装スクナの船影を確認。

そして・・・

その1


その2


治療すべき船員がいません
藤○○○がS○○○を拿捕しました!
S○○○を撃破しました!賞金3951040砲魍容澄
塩漬け魚の木の実添えを使いました
行動力が回復しました
船員の疲労が回復しました
S○○○に勝利しました!

いきなりのPKKに驚いたのか、全くの無口。
一切話しをしない海賊だった。


海賊討伐 / comments(1) / trackbacks(0)
Comment








おおおお^^勘は鈍ってないですよ〜 今は鈍っていても、身体・・・やなくて指が覚えてるもんです^^w
from. レィ / 2010/10/19 4:33 PM
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://blog.tkm2web.com/trackback/1217031